プロフィール

       
     

解剖学-他-靭帯-解説

前脛腓靭帯 (ぜんけいひじんたい、英:anterior tibiofibular ligament

 

 脛腓靭帯結合の関係する靭帯の一つで、脛骨下端から斜め外下方へ走って腓骨の下端に付着している平たい靭帯。

 以下は「Wikipedia」の解説文となる。

「The anterior ligament of the lateral malleolus (anterior tibiofibular ligament or anterior inferior ligament) is a flat, triangular band of fibers, broader below than above, which extends obliquely downward and lateralward between the adjacent margins of the tibia and fibula, on the front aspect of the syndesmosis.
It is in relation, in front, with the fibularis tertius, the aponeurosis of the leg, and the integument; behind, with the interosseous ligament; and lies in contact with the cartilage covering the talus.」

 

【 付着する骨 / 関節 】

【 イラスト 】

 
右足首周辺(前面)
右足首周辺(外側面)
 

 

【 他の参考となるサイト 】

イラストを掲載しているサイトT(外側面))

イラストを掲載しているサイトU(前面)

イラストを掲載しているサイトV(外側面))

イラストを掲載しているサイトW(前面)

標本の写真を掲載しているサイトT(外側面、G)

標本の写真を掲載しているサイトU(前面、DE)

標本の写真を掲載しているサイトV(前面、@)

標本の写真を掲載しているサイトW(外側面、BC)