プロフィール
     

解剖学 - 筋系 - 単一筋肉解説

 

三角筋 (さんかくきん、英:deltoid

 

概 要

・三角筋は、上肢の中の6つある上肢帯の筋の一つで3つの部に分けることができる。

上肢の筋の一覧

大胸筋との境界は三角筋大胸筋溝によって隔てられ、その上部の広くなった部分を三角筋大胸筋三角(モーレンハイム三角)と言う。 ⇒ 図解詳解

・前部、後部の筋線維は起始から互いに平行して停止に向かっているが、中部では交錯して多羽状を呈している。 ⇒ 図解詳解

・「・後部線維の起始付近は、膜様の腱のみで構成されている。・三角筋の起始腱と停止腱は、外面(皮膚側面)ではほとんど観察できないが、内面(骨側面)ではひも状の起始腱と、膜状の停止腱が観察できる。これらの腱は、起始に4本、停止に5本存在する場合が多い。」 「骨格筋の形と触察法」(大峰閣)P151

起 始

・前部(鎖骨部):鎖骨の外側部1/3  ・中部(肩峰部):肩甲骨肩峰

・後部(肩甲棘部):肩甲骨肩甲棘

停 止
イラスト

     
作 用

鎖骨部:上腕を屈曲、内旋させる。
肩峰部:上腕を外転、外旋させる。
肩甲棘部:上腕を伸展、外旋させる。

神経支配
腋窩神経(C5,C6) ※またはC4を含む。
血管支配
・後上腕回旋動脈  ・胸肩峰動脈  ・上腕深動脈
筋連結
僧帽筋  ・上腕筋  ・大胸筋  ・棘下筋
触 察
・肩の関節を動かすことによって、皮膚面からでも前部、中部、後部の区別を付けることができる。
強 化

・肩関節を覆う三角形の筋肉で、いわゆる、肩の丸みを作る筋である。よって、「逆三角形の身体にしたい!」という人には積極的に鍛えていかなければならない部分となる。 ⇒ ビルダーイラスト

【チューブ】アップライトロー(イング) 【ダンベル】フロントレイズ

【マシーン】ショルダープレス      【バーベル】バックショルダープレス

【ボディウエイト】バイクプレス

ストレッチ

 

 

他の参考

となるHP

イラストを掲載しているサイト@

イラストを掲載しているサイトA

解剖学的写真を掲載しているサイト@

解剖学的写真を掲載しているサイトA

・解剖学的写真を掲載しているサイトB(肩縦断面)

備 考