プロフィール
     

解剖学 - 筋系 - 単一筋肉解説

 

小殿筋(しょうでんきん、英:gluteus minimus muscle)

 

概 要

 下肢の下肢帯の中の外寛骨筋のうち3つある殿筋の一つで、中殿筋に覆われ最も深い層に位置する。三角形の形状で表面は膜状の腱で覆われているが、その深部には筋腹が存在している

下肢の筋の全体の分類図

 中殿筋と協働して、立ったり、歩いたりするときに骨盤を安定させる重要な働きをしている。この両方の筋肉が弱ったり麻痺したりすると、骨盤が傾いてしまい正常に動作することができない。これを確かめる検査をトレンデレンブルグ徴候という。 ⇒ 実際の検査映像

 よって中殿筋、小殿筋の筋力が低下すると、歩行時に骨盤が傾斜するデュシェンヌ跛行を示し、左右両側の筋力が低下してしまうと、典型的な動揺歩行となる。 ⇒YouTube投稿動画

起 始

腸骨、腸骨翼の外面の前殿筋線下殿筋線との間
腸骨の下殿筋線より下方の領域

停 止

大腿骨の大転子(1)、内側面

イラスト
作 用
股関節を外旋させる。
神経支配
上殿神経(L4,L5,S1)
血管支配
上殿動脈(5番)  ・外側大腿回旋動脈(12番)
筋連結
梨状筋  ・中殿筋  ・大腿筋膜張筋
触 察
中殿筋の深層に位置するため触察は困難
強 化

中殿筋に準じる。

ストレッチ
中殿筋に準じる。

他の参考

となるHP

・解剖学的写真を掲載しているサイト

@ 股関節深層の筋群(指で指しているもの。梨状筋や坐骨神経も鮮明に写っている)

A 骨盤周辺の縦の断面(矢印の筋肉)

B 骨盤周辺の横の断面(4番)

C 実際の人体模型を用いて臀部から大腿部の筋肉群を説明(小殿筋は17秒目あたり)

 

備 考