プロフィール

解剖学 - 筋系 - 単一筋肉解説

 

僧帽筋 (そうぼうきん、英:trapezius muscle)

 

概 要

・背部の浅層に位置する浅背筋のうち、第1層目にある2つある筋肉の一つで、下行部、横部、上行部の3部に分けられる。 ⇒ 筋腹の厚さなどを解説したイラスト

背部の筋の全体の分類図

・和名の由来は修道士がかぶるフードからきている。(なんとなく確認できる写真を掲載したサイトへのリンク

・ステロイドを使用すると僧帽筋が異常に発達するようである。(解説サイト

・「船戸和弥のHP」の「Rauber-Kopsch解剖学」ではこの筋の解説において「変異」ということで以下のように解説している。

「(日本人の僧:帽筋の完全欠如に近い例が報告されている(狩谷慶喜:北越医学会雑誌, 51巻,1139〜1142,1936).また鎖骨停止部の変異が胎児および新生児125体のうち5体,8側にみられた(山田迪:解剖学雑誌,7巻, 337〜347,1934).)
筋の二分Zweiteilungは,中心腱膜の高さに見られるものが最も多い分岐の型である.筋の左右がわずかに非対称であることは,ほとんど毎常見られることである.筋起始の減少は,男性よりも女性にいっそう多く見られるという.極端に僧帽筋起始が減少している場合にはその上方はわずかにC. IVまで,また下方はTh. VIII, IX, Xまで存在するに過ぎない.鎖骨部を欠如することもある.過剰筋束は,時にこの筋の上部の前縁に見られ,これを鎖骨後頭筋束Fasciculi cleido−occipitalesといい,これが胸鎖乳突筋の鎖骨部に加わることがある.この筋束は,しばしば頭蓋骨に付着しないで上位頚椎の肋横突起に停止し,特に環椎に終ることが最も多く,これを鎖骨環椎筋M. cleido−atlanticusという.また三角筋と結合することもある. 」

起 始

後頭骨上項線(または最上項線)  ・後頭骨、外後頭隆起  ・項靭帯  ・第7頸椎と全胸椎棘突起
・棘上靭帯

※「日本人体解剖学」の僧帽筋の解説文の中には、「起始」として「後頭骨の上項線」の文字が見られるが、後頭骨の上項線の解説文の中には「僧帽筋」の名称は見られず、代わって「最上項線」の解説文の中に、「僧帽筋が起始する隆起線」という文章があり矛盾が見られる。

停 止

鎖骨部:鎖骨の外側方1/3  肩峰部:肩甲骨の肩峰  肩甲部:肩甲骨の肩甲棘

イラスト
作 用

日本人体解剖学 (上巻) 」では

全体として肩を後方に引く。また、上部のみが作用するときは肩甲部を拳上し、下部のみが作用するときはこれを下牽し、かつ肩甲骨下角を外側方に転ずる。上肢帯が固定しているときは両側が働くと頭を後方に、一側が働くと頭をその方向に引く。

プロメテウス解剖学アトラス」では

・下行部:肩甲骨を斜め上方に引いて関節窩を下方に回す。(前挙鋸筋の下部筋束と協同して)

     頭を同側に傾け、対側に回転させる。(上肢帯を固定させて)

・水平部:肩甲骨を内側に引く。

・僧帽筋全体:胸郭に対し肩甲骨を安定させる。

神経支配
副神経の外枝  ・頚神経叢の筋枝(C2,C3,C4)
血管支配

頸横動脈 (22番)  ・肩甲上動脈 (3番)  ・肋間動脈の背枝 (7番)  ・深頚動脈 (24番)

後頭動脈 (28番)

筋連結
三角筋  ・(大・小)菱形筋   ・上後鋸筋
触 察
 
強 化

・頚背部の表層にある片側三角形の筋で、身体を表から見たときに頸の両側に盛り上がりを作る筋肉。「たくましい後姿にした!」という人は積極的に鍛えていかなければならないが、筋肉を付け過ぎてしまうと、どうしても肩関節の可動域は狭くなってしまう。 ⇒ビルダーイラスト

・ストロイドを使用すると僧帽筋が異常に発達をする。 ⇒ 解説サイト

【ボディウエイト】 プッシュアップ(ワイド) 【チューブ】 ローイング 【ダンベル】 シュラッグ 【マシーン】 デルトイドフライTバーロー 【バーベル】 アップライトロー

ストレッチ
  

他の参考

となるHP

・解剖学的写真を掲載しているサイト

@上半身裏面、右半分

A上半身裏面、左半分(要スクロール)

B本物の人体を用いた解剖学的動画(解説は34秒あたりから)「watch the video」をクリック

・YouTubeへの投稿動画

@見よ、この僧帽筋を! 

備 考