プロフィール
     

解剖学 - 筋系 - 単一筋肉解説

 

大殿筋(だいでんきん、英: gluteus maximus muscle)

 

概 要

 下肢の下肢帯の中の外寛骨筋のうち3つある殿筋の一つ。殿筋の中で一番浅層に位置し、殿部の多くを覆う大きな方形の筋で、その大部分は腸脛靭帯に終わる。

下肢の筋の全体の分類図

 「歩く」「立つ」と言った日常生活での動作に腸腰筋とともに深くかかわっていて、腸腰筋が足を上げる働きがあるのに対して、大殿筋は足を後方へ引く働きをしている。股関節を伸展させる筋肉群の一つである。

起 始
停 止

(浅層)腸脛靭帯 (深層)大腿骨、殿筋粗面(一覧表3番)

イラスト
 

下肢の筋のイラスト一覧

作 用
股関節を伸展させる。
神経支配
下殿神経(L4,L5,S1,S2)
血管支配

上殿動脈(5番) ・下殿動脈(6番) ・内側大腿回旋動脈(8番) ・大腿深動脈の第1貫通動脈(10番)

筋連結
中殿筋  ・梨状筋  ・大腿方形筋  ・外側広筋  ・中間広筋大腿筋膜張筋  ・小内転筋  ・大腿二頭筋(短頭)
触 察
 
強 化

 お尻の形を決める筋肉でもあるので、ヒップアップをさせたいのであれば積極的に鍛えていかなければならない。

 【ボディウエイト】 ベントニーヒップエクステンション 【バランスボール】 ベントニーショルダーブリッジ 【チューブ】 ヒップエクステンション(スタンディング) 【マシーン】 グルートプレス 【ダンベル】 フロントランジ 【バーベル】 スクワット

ストレッチ

 

・もちろん直接フロアの上でも可能

その他のYouTubeへの投稿動画(フロアに仰向けになって)

他の参考

となるHP

・解剖学的写真を掲載しているサイト

@ 後面、側面からなど複数枚掲載

A 臀部周辺の筋肉群

B 臀部、大腿部(外側面より)

C 臀部断面

・男性のヒップ美をご堪能あれ!

 

・実際の人体模型を用いて臀部から大腿部の筋肉群を説明(大殿筋は12秒目あたり)

備 考