プロフィール

解剖学 - 筋系 - 単一筋肉解説

 

腹直筋 (ふくちょくきん、英:rectus abdominis muscle)

 

概 要

・腹直筋は、腹腔の前壁を構成する2つある前腹筋の一つになる。

 ⇒ 腹部の筋の一覧 

・腹部前面、へその両脇を縦に走る長くて大きな筋で、腱画によって6つから8つに別れる。腱画の横方向への走り方は個人差が大きく、また左右差がある。そして横断していない場合も多い。

色々な腹直筋の写真

「Rauber-Kopsch解剖学」の腹直筋の解説の「変異」の解説の引用ページへ

「Rauber-Kopsch解剖学」の「側腹の筋群」の一覧

【関連語句】・腹直筋鞘

起 始

・恥骨の恥骨結合の前面および上縁

停 止

・第5〜第7肋軟骨  ・胸骨の剣状突起(一覧表8番)  ・肋剣靭帯

イラスト
作 用
・体幹を前屈させる。 ・胸郭を固定すると、骨盤の前部を引き上げる。
神経支配
肋間神経(Th5〜Th12)
血管支配
 
筋連結
大胸筋  ・外腹斜筋  ・内腹斜筋  ・腹横筋  ・錐体筋
触 察
・触りたい放題
強 化

・下にある内臓を保護するという大切な働きをしている。また、外見にも大きな影響を与えるので、「何とか引き締めたい!」と老若男女限らずだれしもが思う筋肉であるが、胸や腕を鍛えるのとは少し勝手が違い、身体の中でも一番鍛えるのが難しい筋肉とも言えるかもしれない。肥大させても、その上に余計な脂肪が乗っていれば目立たない。

【ボディウエイト】 シットアップ 【チューブ】 クランチ 【ボール】 レッグレイズ 【マシーン】 アブドミナルハンギングレッグレイズ 【ベンチ類】 ディクラインクランチレッグレイズ

ストレッチ

 

YouTubeへの投稿動画(英語)

バランスボールを用いて

他の参考

となるHP

イラストを掲載しているサイト@

イラストを掲載しているサイトA

解剖学的写真を掲載しているサイト@

解剖学的写真を掲載しているサイトA

解剖学的写真を掲載しているサイトB

備 考