プロフィール
     

解剖学 - 筋系 - 単一筋肉解説

 

腕橈骨筋  (わんとうこつきん、英:brachioradialis muscle)

 

概 要

・腕撓骨筋は、前腕にある伸筋群のうち3つある前腕橈側の筋の一つになる。

上肢の筋の一覧

・前腕の橈骨側(親指側)にある筋肉で、肘関節より少し指寄りの部分で膨らみを作る。

・停止部から橈骨のだいたい1/2くらいまでにかけては腱のみで構成される。

・「Rauber-Kopsch解剖学」には以下のような解説が見られる。

変異:この筋の欠如は橈骨が欠けている例にみられる.この筋の全体が重複していることはまれであるが,相ならんであるいは重なって付着している2つの腱が見られることは比較的に多い.その起始は三角筋の停止にまで達していることがある.この筋が第3中手骨,舟状骨,大多角骨に停止することが見られている.また前腕筋膜,三角筋,上腕筋,長母指外転筋,長橈側手根伸筋との結合が知られている. 」

起 始
停 止
橈骨茎状突起の上方
イラスト
作 用

・前腕を屈曲させる。 ・わずかではあるが前腕を外転させる。

神経支配

橈骨神経(C5,C6)

血管支配
・橈側側副動脈  ・橈側反回動脈  ⇒ 肘関節付近の動脈のイラスト
筋連結
上腕三頭筋
触 察
・肘付近の筋腹は盛り上がっているので容易に触診が可能である。
強 化

【チューブ】 リバースカール 【マシーン】 ハンマーカール 【ダンベル】 ハンマーカール バーベル】 リバースカール

 

ストレッチ
 

他の参考

となるHP

イラストを掲載しているサイト@

イラストを掲載しているサイトA

イラストを掲載しているサイトB

解剖学的写真を掲載しているサイト@

解剖学的写真を掲載しているサイトA

解剖学的写真を掲載しているサイトB

解剖学的写真を掲載しているサイトC(断面)

備 考