プロフィール
     

解剖学 - 筋系 - 単一筋肉解説

 

頭板状 (とうばんじょうきん、英:splenius capitis muscle)

 

概 要

・頭板状筋は、背部の深層に位置する深背筋の中で、2層目にある固有背筋群の中の2つある板状筋の1つになる。

背部の筋の全体の分類図

・頸部から背部にかけて存在している板状の筋
・筋腹のほとんどは僧帽筋、胸鎖乳突筋に覆われているが、停止に近い部分は両筋の間に現れる。

起 始

・第3〜第7頚椎の高さに存在する項靭帯  ・ 第1〜第2(3)胸椎棘突起

停 止

側頭骨の乳様突起 ・後頭骨の上項線の外側部

イラスト

側頭骨(外側面)

側頭骨(底面)

 

作 用
両方の頭板状筋が働くときは頸部を伸展させ、片側のみが働く場合は頸部をその方へ回旋させる。
神経支配
頚神経の後枝の外側枝(C2〜C5)
血管支配
 
筋連結
・頚板状筋  ・胸鎖乳突筋
触 察
 

他の参考

となるHP

イラストを掲載しているサイト@

イラストを掲載しているサイトA

イラストを掲載しているサイトB

イラストを掲載しているサイトC

解剖学的写真を掲載しているサイト

備 考