プロフィール

解剖学 - 筋系 - 単一筋肉解説

 

胸鎖乳突 ( きょうさにゅうとつきん、英:sternocleidomastoid muscle )

 

概 要

・胸鎖乳突筋は、頚部の浅層にある筋肉のうち舌骨上筋群でも舌骨下筋群でもない、2つある「その他」の筋のうちの1つである。

頚部の筋の全体の分類図

・側頸部を斜めに走っている筋で、胸骨鎖骨を起始とし、側頭骨の乳様突起(および後頭骨)に終わることからその名が付けられた。

・起始部は胸骨頭鎖骨頭の2部より構成されている。
・両頭の間にできる小さな三角形のくぼみを 小鎖骨上窩、鎖骨頭と僧帽筋の前縁との間のくぼみを大鎖骨上窩と言い、鎖骨下動脈の拍動が確認できる。 ⇒ イラスト解説

起 始

 胸骨頭:胸骨柄の上縁(頚切痕)と前面
 鎖骨頭:鎖骨の内側1/3の領域

停 止

・側頭骨の乳様突起 ・後頭骨の上項線の外側部 

イラスト

側頭骨(外側面)

 

側頭骨(底面)

 

   
作 用
・2つの筋が同時に収縮すると頭を前に倒す。・片側の筋だけが収縮した場合、頭をその働く筋の方に倒しながら回転させる。(つまり、左の胸鎖乳突筋だけが収縮した場合、頭を時計回りに回転させながら左に倒す形になる。)
神経支配
・副神経および頚神経叢の筋枝(C2〜C3)
血管支配
 
筋連結
大胸筋  ・頭板状筋
触 察

頭を回転させると、その筋腹が皮膚上からはっきりと確認できるので、触察は自分一人でも容易に行うことができる。

強 化
・レスラーブリッジ  ・リバースレスラーブリッジ(T)  ・リバースレスラーブリッジ(U)  ・ネック
ストレッチ
 

他の参考

となるHP

解剖学的写真を掲載したサイト(英文)
@ほぼ正面より、Sternal head(胸骨頭),Clavicular head(鎖骨頭)

A横から、要下にスクロール

 SH(胸骨頭)、CH(鎖骨頭)、AH(鎖骨頭から分離した3番目の頭)、SHY(胸骨舌骨筋)、OH(肩甲舌骨筋)CL(鎖骨)

B頚部の横断面(SCM=胸鎖乳突筋)

備 考