プロフィール
       

解剖学 - 神経 - 詳細

 

肩甲上神経 ( けんこうじょうしんけい、英:suprascapular nerve )

 

1

起始する

脊髄神経

・第5、第6頸神経(C5,C6)、運動性

※起始する神経は資料によってばらつきあり。プロメテウス解剖学アトラス(医学書院)では第4〜第6頸神経となっている。

2

支配する筋肉

棘上筋  ・棘下筋
3
解 説
第5、第6頸神経から起こり、外側方に肩甲上動脈と一緒に走り、肩甲舌骨筋の起始に沿って肩甲切痕において肩甲横靭帯の下を通過して(このとき、肩甲上動脈は上を通る)棘上窩に至り棘上筋を支配し、続いて棘下窩に至って棘下筋を支配する。
4
イラスト
 

 

※左のイラストは神経の色を分かりやすいように赤で表している。

5
他の参考となるサイト
6
備 考

脊髄神経のトップページへ

腕神経叢のトップページへ