バランスボールエクササイズ

 

ベントニー・ショルダーブリッジ

 

 

 ボールを用いないでもフロアでよく行われるエクササイズです。特に女性が行っているのを見かけたりします。ボールを使うことによってもちろん強度は上がりますが、初心者や女性の方にも比較的できるエクササイズだと思います。片足バージョンにもぜひ挑戦してみてください。

 鍛える筋肉ハムストリングス大殿筋中殿筋など】

 

 

《フロアに仰向けになって》
1
2

 

1

フロアに仰向けになりボールに足を乗せていく。膝と膝はなるべくくっつける。

足の位置はボールのトップより手前側となる。手の位置は、動作に慣れるまではバランスがとりやすいように、軽く左右に広げて体を支えてやる。

2

息を吐きながらお尻を持ち上げ、可能であれば膝から肩のラインをまっすぐにする。

膝と肩で引っ張り合うようなイメージを持つとより筋肉に刺激を与えることができる。同じカウントで上げ下げするのが基本となるが、上げたまましばらくその体勢を維持して下げる方法もあり、運動強度も上がる。10回を1セットとし、2セットから3セットが目標セット数。

 

 《バリエーション》

1
2

 

1・2

片足バージョン

基本的なやり方は両足の場合と同じだが、片足なのでより筋力を必要とするし、特にバランスを取ることが求められる。ボールについている方の足は、なるべくセンターに位置した方がバランスは取りやすくなる。

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

備考