フィットネスの勧め 語句解説    

語句解説

 

汎用プラスチック (はんよう〜、英:commodity plastic)

 

 プラスチック(=合成樹脂)は、熱を加えると柔らかくなる熱可塑性プラスチックと、熱を加えると硬くなる熱硬化性プラスチックの2つに分けることができるが、汎用プラスチックは熱可塑性プラスチックとなる。価格が比較的安く加工もしやすいので、工業用品から日用品に至るまで幅広く製品化されている。

 

【もっと詳しく】

 特に生産量の多い4種類の汎用プラスチックを「四大汎用プラスチック」と呼んでいる。

 以下は四大汎用プラスチックの主な特徴になる。

名称
略語
主な特徴
1
ポリエチレン
PE

プラスチックの中で最も生産量が多く、食品用として多く使用される。

種類)大きく2つに分類できる。

・高密度ポリエチレン(HDPE)

・低密度ポリエチレン(LDPE)

2
ポリプロピレン
PP
汎用プラスチックの中で最も比重が小さく、もっとも耐熱性がある。
3
ポリスチレン
PS

スチロール樹脂とも呼ばれる。

種類)大きく2つに分類すると

・汎用ポリスチレン(GPPS):透明

・耐衝撃性ポリスチレン(HIPS):ゴム成分を加えて乳白色

4
塩化ビニル
PVC

ポリ塩化ビニルとも呼ばれる。

・製品化のためには、柔らかくする成分(可塑剤)と劣化を防ぐ安定剤を加える。

 

 また、「五大汎用プラスチック」という言葉も使われるみたいが、上の4つに何をプラスするかは諸説あるようだ。

・ポリエチレンを低密度ポリエチレン(LDPE)と高密度ポリエチレン(HDPE)の2つに分ける。

ABS樹脂(ABS)を加える。

ポリエチレンテレフタレート(PET)を加える。

 

【参考にしたサイト】

(株)三幸商会HP

ウィキペディア