フィットネスの勧め 語句解説  

 

語句解説

 

ホルモン (英:hormone )

 

 副腎や膵臓などのある特定の器官で合成、分泌され、血液を通して体内を循環し、別の決まった器官で
その作用を発揮する生理活性物質のこと。

 

【もっと詳しく】
ホルモンを分泌する器官を内分泌腺と言い、人間の体の中には約6箇所の特定の内分泌腺から約17
種類のホルモンが血液中に分泌されている。また、ホルモンが作用を発揮する器官を標的器官と呼ば
れる。

 

【ホルモンの一覧表】

内分泌腺

名   称

備   考 (働き等)

視床下部

脳下垂体前葉・中葉ホルモンの放出因子または抑制因子

脳下垂体前葉または中葉ホルモンの分泌の促進及び抑制

脳下垂体

前葉

成長ホルモン

成長促進(タンパク質の合成促進、骨、筋肉、内臓の成長促進)

甲状腺刺激ホルモン

チロキシン(甲状腺ホルモン)の分泌促進

副腎皮質刺激ホルモン

糖質コルチコイドの分泌促進

性殖腺刺激ホルモン

ろ胞刺激ホルモン

ろ胞ホルモンの分泌促進。卵巣、精巣の成熟促進

黄体形成ホルモン

排卵の誘発、黄体の形成、男性ホルモンの分泌促進

プロラクチン
(黄体刺激ホルモン)

黄体ホルモンの分泌促進。乳腺の発達促進、泌乳。

中葉

インテルメジン
(色素胞刺激ホルモン)

メラニンの合成

後葉

バソプレシン
(抗利尿ホルモン)

腎細管での水分の再吸収促進。毛細血管、小動脈の収縮。

オキシトシン
(子宮収縮ホルモン)

子宮筋の収縮。柔汁の排出促進。

甲状腺

チロキシン
(甲状腺ホルモン)

代謝の促進

副甲状腺

パラトルモン
(副甲状腺ホルモン)

骨に作用してカルシウムイオンの血液中への放出の促進

副腎

髄質

アドレナリン

神経節や脳神経系における神経伝達物質でもある。

皮質

糖質コルチコイド

ステロイドホルモンの一種。肝臓でタンパク質の糖化を促進。

鉱質コルチコイド

ステロイドホルモンの一種。ナトリウムイオンやカリウムイオンの濃度調節

膵臓

β細胞

インシュリン

糖質(炭水化物)の代謝の調節。血糖値を低下させる。

α細胞

グルカゴン

血糖値の上昇作用(肝臓、骨格筋グリコーゲンを糖化)

性殖腺

精巣

テストステロン
(男性ホルモン)

95%が精巣、5%が副腎で合成。女性も男性の5〜10%は分泌。

卵巣

エストロゲン
(女性ホルモン、ろ胞ホルモン)

「女性らしさ」を形成する。男性も分泌(更年期の女性程度)。

プロゲステロン
(女性ホルモン、黄体ホルモン)

妊娠の準備及び維持