フィットネスの勧め 語句解説 

語句解説 - か行

 

回旋筋(背部の筋) ( かいせんきん、英:rotatores

 

 回旋筋は

 

  起 始:環椎を除く椎骨横突起腰椎肋骨突起)から起こり、内側上方に向かう。

  停 止:1つまたは2つ上の椎骨棘突起に停止する。( 1つ上 ⇒ 短回旋筋、2つ上 ⇒ 長回旋筋

     「船戸和弥のホームページ」では「停止は起始の椎骨の直上の椎骨の椎弓板」とある。

  作 用:脊柱の回転の補助

  神 経:脊髄神経の後枝の内側枝

  動 脈:肋間動脈の筋枝

 以下は「日本人体解剖学 (上巻) 」を参考に作成した図となる。    

 

 存在する部位によりそれぞれ特徴が異なる。

部 位
名 称
特  徴
上部
頚回旋筋

rotatores cervicis

発達が悪い

中央部
胸回旋筋

rotatores thoracics

3つの部分の中では最も発達している。・11対ある。

下部
腰回旋筋

rotatores lumborum

棘間筋と区別が難しい。

 
 

 

名  称
解 説
1
長回旋筋

rotatores longus

停止が2個上方の棘突起となっている。

2
短回旋筋

rotatores brevis

停止が1個上方の棘突起となっている。

 

 以下は「Wikipedia」の解説文となる。

「The rotatores muscles (rotatores spinae muscles) lie beneath the multifidus and are present in all spinal regions but are most prominent in the thoracic region; they are eleven in number on either side.
Each muscle is small and somewhat quadrilateral in form; it arises from the superior and posterior part of the transverse process, and is inserted into the lower border and lateral surface of the lamina of the vertebra above, the fibers extending as far as the root of the spinous process.
The first thoracic rotatores muscle is found between the first and second thoracic vertebrae; the last, between the eleventh and twelfth. Sometimes the number of these muscles is diminished by the absence of one or more from the upper or lower end. The Rotatores muscles have a high density of proprioceptors and have been implicated in postural control.[1]

 

【他の参考となるサイト】

イラストを掲載しているサイト-T

イラストを掲載しているサイト-U

イラストを掲載しているサイト-V

イラストを掲載しているサイト-W

イラストを掲載しているサイト-X

イラストを掲載しているサイト-Y