フィットネスの勧め 語句解説    

語句解説 - か行

 

筋線維 (きんせんい、 英:muscle fiber

 

 筋線維とは

 

 

 以下が筋の主な骨格筋の構成要素となる。

 

■ 構 成 ■

 筋線維は、一番外側の細胞膜である筋細胞膜と、その内側の細胞質にあたる筋形質に大きく2つに分けることができる。

 

1
筋細胞膜

sarcolemma  筋鞘

最も外側にある構成要素で、さらにその外側を筋内膜が覆う形になる。

2
筋形質

sarcoplasm

他の細胞でいう細胞質のことで、以下のようなものを含んでいる。

※細胞小器官としてはその一部のみを以下に一覧にしている。

myofiber

筋形質の内部は、そのほとんどが筋原線維で占められている。

詳細ページ

細胞核

(cell) nucleus

多核で、筋細胞膜直下に存在している。

ミトコンドリア

mitochondrion

心筋と比べるとその数は少ない。 ⇒ 詳細ページ

筋小胞体

sarcoplasmic reticulum

膜系構造の一つで、筋原線維を取り囲むように存在している。 

詳細ページ

横行小管

transverse tubule =T(細)管

 

その他
コロイド状の細胞液の中にグリコーゲン、ミオグロビン、酵素などが存在している。

■ 種 類 ■

 筋線維は筋肉の種類によって異なる。

骨格筋の筋線維
心筋の筋線維
平滑筋の筋線維
縞模様
形状
円柱
紡錘状
多核
多核
単核
ミトコンドリア
少ない
多い
少ない
太さ
10〜100μm
数μm
長さ
数o〜数十p(?)
≦0.2o
筋節
イラスト