フィットネスの勧め 語句解説    

 

語句解説

 

協力筋 (きょうりょくきん 英:synergistic muscle)

 

 

 屈筋群、伸筋群などのように協力して同じ作用をする筋のこと。

 

【もっと詳しく】

 例えば「肘関節の屈曲」という作用を考えたときに、その主動筋は、上腕ニ頭筋上腕筋腕撓骨筋の3つなる。つまり、それらの3つの筋肉群はお互いに協力筋の関係にある。だから、以下の関係が成り立つ。

 注意したいのは、一つの筋肉の持つ作用が複数の場合も多いので、作用が違う場合は他の筋肉が協力筋になる。例えば、上腕ニ頭筋は、回外筋とともに前腕の回外も行う。このときの上腕ニ頭筋の協力筋は回外筋ということになる。

 以下は、ウィキペディアを元にして作成した、動作ごとの主動筋拮抗筋の関係の表であるが、それぞれの主動筋拮抗筋の筋群は協力筋の関係にある。

 例えば、頚の屈曲の主動筋は胸鎖乳突筋椎前筋なので、胸鎖乳突筋の協力筋は椎前筋椎前筋の協力筋は胸鎖乳突筋ということになる。それは拮抗筋であっても同じことになる。

部 位
動 作
主 動 筋
拮 抗 筋

屈曲(前屈)

※逆は「伸展(後屈)」

・板状筋 ・脊柱起立筋 

後頭下筋 短背筋

屈曲(前屈)

※逆は「伸展(後屈)」

・腹直筋 ・外腹斜筋 ・内腹斜筋
・長背筋 ・短背筋
上肢帯

拳上

※逆は「下制」

外転(屈曲)

 

上方回旋

※逆は「下方回旋」

屈曲(前方拳上)

※逆は「伸展(後方拳上)」

外転(側方拳上)

※逆は「内転」

・大胸筋(腹部) ・大円筋 ・広背筋

外旋

※逆は「内旋」

・肩甲下筋 ・大円筋

水平屈曲(水平内転)

※逆は「水平伸展(水平外転)」

内転90°までは

三角筋(前部) ・大胸筋 ・烏口腕筋

・三角筋(中部・後部) ・棘下筋 ・小円筋
前 腕

回外

※逆は「回内」

屈曲(掌屈)

※逆は「伸展(背屈)」

橈屈

※逆は「尺屈」

・尺側手根屈筋 ・尺側手根伸筋

屈曲

※逆は「伸展」

外転

※逆は「内転」

外旋

※逆は「内旋」

伸展

※逆は「屈曲」

外旋

※逆は「内旋」

屈曲(背屈)

※逆は伸展(底屈)

内がえし(回外+内転+底屈)

※逆は「外がえし(回内+外転+背屈)」

・後脛骨筋 ・長趾屈筋
足 趾

屈曲

※逆は「伸展」

 

【参考にしたサイト】

ウィキペディア