フィットネスの勧め 語句解説  

語句解説

 

コンドロイチン硫酸 (英:chondroitin fulfate )

 

 三大栄養素糖質(炭水化物)多糖類のうちの一つ。皮膚、血管壁、各臓器などあらゆる組織に広く分布しているが、特に軟骨に多い。

【さらに詳しく】
コンドロイチン硫酸は動物体内に見られるグリコサミノグリカン(ムコ多糖類)の一つで、コアタンパク質と呼ば  れる核となるタンパク質に結合したプロテオグリカンとして存在している。
特に軟骨のコンドロイチン硫酸(軟骨の約30%)はヒアルロン酸などとともに超高分子複合体を 形成し、軟骨
の持つクッション作用に大きな役割を果たしている。