フィットネスの勧め 語句解説      

語句解説 - さ行

 

前環椎後頭膜 ( ぜんかんついこうとうまく、 英:anterior atlantooccipital membrane

 

 前環椎後頭膜とは

  

 前環椎後頭膜の幅だが、資料によって二通りの幅がある。

@ 短い場合

 前環椎後頭膜の幅が短い場合、その外側端は前結節と横突起の付け根の長さの中間あたりになると思われる。その場合、前環椎後頭膜のすぐ外側の部分を外側環椎後頭靭帯と記したり、関節包と記したりする2通りのケースがある。「プロメテウス解剖学アトラス」の前環椎後頭膜は短く、その外側は「外側環椎後頭靭帯」と記している。

A 長い場合

 前環椎後頭膜の幅が長い場合、その外側端は横突起の付け根あたりになる。「日本人体解剖学 (上巻) 」や「船戸和弥のホームページ」がそうである。おそらくその場合は、前方から見たときに、環椎後頭関節の関節包は前環椎後頭膜の後方に位置しほとんど見えないはずである。よって、後頭骨と環椎の横突起を結んでいる靭帯?は、個人的には「外側環椎後頭靭帯では?」と思っているが、確証が得られるような資料は見当たらない。

船戸和弥のホームページ」では以下のように解説している。

「前環椎後頭膜は環椎の前弓と大後頭孔の前縁との間に張り、外側は環椎後頭関節の関節包に達する。弾性線維を含み、中部は前縦靱帯の線維が加わるために特に厚い。この膜のつづきにあたるものが環椎前弓と軸椎の椎体前面との間にあり、前環軸膜(JNA)と呼ばれることがある。」

 また、以下は「Wikipedia」の解説文となる。

「The anterior atlantooccipital membrane (anterior atlantooccipital ligament) is broad and composed of densely woven fibers, which pass between the anterior margin of the foramen magnum above, and the upper border of the anterior arch of the atlas below.
Laterally, it is continuous with the articular capsules.
In front, it is strengthened in the middle line by a strong, rounded cord, which connects the basilar part of the occipital bone to the tubercle on the anterior arch of the atlas.
This membrane is in relation in front with the rectus capitis anterior muscles, behind with the alar ligaments.」

 

【参考にしたサイト】

イラストを掲載しているサイト-T(幅が短いもの)

イラストを掲載しているサイト-U(幅が短いもの)

イラストを掲載しているサイト-V(幅が長いもの)

イラストを掲載しているサイト-W(幅が長いもの)

イラストを掲載しているサイト-X(正中断面)