フィットネスの勧め 語句解説    

 

語句解説

 

線維芽細胞 (せんいがさいぼう、 英:fibroblast

 

 

 皮下組織や消化管の粘膜、または靭帯など全身の結合組織に存在している細胞で、コラーゲンなどの細胞外マトリックスの産生をしている。

 

【もっと詳しく】

 自分でもまとめ切れておらず、以下は参考にしたサイトからランダムに抜き出した線維芽細胞の特徴となる。

・線維芽細胞は全身の結合組織に散在し、組織が損傷を受けると、近くの線維芽細胞は損傷部に移動して大量のコラーゲンを作り修復を助けます。

・線維芽細胞はもっとも基本的細胞で、これが軟骨細胞になったり、造骨細胞になったり、脂肪細胞になったりします。

結合組織を構成する細胞の1つ。コラーゲンエラスチンヒアルロン酸といった真皮の成分を作り出す。

・皮膚の機能を保つ上で最も重要な細胞である。

・コラーゲンなどの細胞外マトリックスの産生を始める結合組織の固有細胞

 

【上記の説明文を作成する上で参考にしたサイト】

ウィキペディア

ヤフーの「知恵袋」への質問に対する「回答」

・「薬学用語解説

 

【その他の参考になるサイト】

電子顕微鏡(?)の写真を掲載しているサイト@(肺の線維芽細胞)

電子顕微鏡(?)の写真を掲載しているサイトA

電子顕微鏡(?)の写真を掲載しているサイトB

イメージイラストを掲載しているサイト@

イメージイラストを掲載しているサイトA