フィットネスの勧め 語句解説  

語句解説

 

生理活性物質 (せいりかっせいぶっしつ、英:physiologically active substance )

 

 生理活性物質は、三大栄養素タンパク質糖質(炭水化物)脂質(脂肪)のように、それ自身はエネルギー代謝には直接関係ないが、微量でも生物の生理や行動に何らかの特有な作用を示し、体の働きを調節する役割をもった物質である。


体内ではタンパク質アミノ酸などから合成されるが、私たちが日々口にする食物の中にも含まれるし、自然界に広く生息する微生物も作り出している。そして医薬品のように科学的に合成することも可能である。

 

・ 主な生理活性物質

1

体内で合成されるものとして

各種ホルモンビタミン神経伝達物質など

2

食物中に含まれるものとして

カフェイン(コーヒー、お茶)、カプサイシン(唐辛子)

3

微生物が作り出すものとして

ペニシリン(青カビ)