フィットネスの勧め 語句解説  

語句解説

 

真皮 (しんぴ、英:dermis )

 

 表皮の下にあり、真皮と表皮の間には基底膜が存在する。真皮の厚さは表皮の約15から40倍となっている。肌の潤いやツヤ、または弾力性などと関係が深い。

・真皮の構造
【構成要素による】

1

繊維

真皮を構成する繊維として、膠原繊維(コラーゲン)が約90%、弾力繊維(エラスチン)が約10%の割合で存在し、真皮内を網目状に走り、皮膚の弾力を作り出している。

2

基質

線維組織の間には水を含んだムコ多糖類であるコラーゲンやヒアルロン酸で満たされていて、真皮内の水分量を一定に保っている。

 

【構成層による】

1

乳頭層

表皮の基底層に食い込んだ凸状の部分。毛細血管、視覚神経末端、細胞成分に富むが、繊維成分はわずかである。

2

乳頭下層

乳頭層のすぐ下にある部分で構成は乳頭層と同じ。

3

網状層

真皮の大部分を占める層で繊維成分に富む結合組織で、その下層には皮下組織が存在する。ところどころに血管や神経が見られる。間質成分(繊維性組織)と細胞成分(繊維性組織を産出)に分けることができる。