フィットネスの勧め 語句解説  

語句解説

 

脂肪 (しぼう、英:fat )

 

 三大栄養素の一つで、脂質とも。「厄介者」扱いされがちだが生命維持活動にとってなくてはならないもので、主にエネルギー源として利用される。


【もっと詳しく】
 動植物に含まれる栄養素の一つで、脂(アブラ)とも呼ばれる。栄養学では脂質という言葉も用いられ、化学の分野においては油脂(常温で固体)、脂肪油(常温で液体)という言葉が用いられたりしている。

 

栄養学
脂肪、脂質
化学
油脂(常温で固体)、脂肪油(常温で液体)

 

 動物の体内に含まれている脂肪を動物性脂肪と言い、飽和脂肪酸を多く含む。それに対して、植物に主に含まれている脂肪を植物性脂肪と言い、不飽和脂肪酸を多く含む。
 動物の体内での脂肪は主にエネルギー源として利用されるが、その場合は、一度グリセリンと脂肪酸
分解してからの利用となる。⇒ 脂肪がエネルギーとして利用される解説図

 特に私たちの身体の中に含まれる脂肪を体脂肪と呼んでいる。 ⇒ 体脂肪の解説ページ

 

【構成元素】

 脂肪を構成している元素は糖質と同じで、炭素(C)、水素(H)、酸素(H)に3種類。タンパク質はそれに窒素が加わる。


【エネルギー】

 栄養学上は脂肪1gは9Kcalだが、身体の脂肪1gには20%の水分を含むため約7Kcalとなる。ちなみに糖質、タンパク質は1gは4Kcal。

 ※身体脂肪1gあたりのカロリーを9Kcalとしているサイトも多数見受けられる。

 

 

【体の中に含まれる脂肪】

 私たちの身体の中には以下の4種類に脂肪が存在している。

1
中性脂肪

トリグリセライドとも。脂肪細胞の中に蓄えられ、エネルギーとして利用されるときは脂肪酸に分解される。

詳しい解説ページ

2
脂肪酸

生命活動のエネルギーとして利用される。

詳しい解説ページ

3
コレステロール

生体膜の構成要素、ホルモンや胆汁の構成要素となっている。

詳しい解説ページ

4
リン脂質

細胞膜の構成要素、細胞膜の機能を正常に保っている。

詳しい解説ページ