フィットネスの勧め 語句解説 

語句解説

 

指節骨 (しせつこつ、英:phalanx

 

 手と足の指の部分に相当する骨のこと。手も足も、それぞれ片方14個ずつある。足の方を、手と区別する意味で「趾節骨」と書き表す場合もある。 =指骨

 

【もっと詳しく】

 手や足の指を構成する細長い骨(長骨)を指節骨といい、指の先端(遠位端)から末節骨中節骨基節骨と呼ばれている。それぞれの片手、片足には14本の指節骨が存在することになる。
※親指には中節骨がない。

手/足
末節骨
中節骨
基節骨

合 計
片 側
第1指(母指)
×
2
14
第2指
3
第3指
3
第4指
3
第5指(小指)
3


 また、指節骨と指節骨の間の関節を指節間(IP)関節といい、第1関節を遠位指節間(DIP) 関節、第2関節を近位指節間(PIP)関節と呼んでいる。 親指の場合はDIP、PIPの区別はなく、単に母指指節間(IP)関節と読んでいる。

.