フィットネスの勧め 語句解説  

 

語句解説 - た行

 

多裂筋 ( たれつきん、英:multifidus

 

・多裂筋は、背部の深層にある「脊柱に関する筋」のうち横突棘筋の一つになる。

 

・多数の小さな筋肉の集合体で、その範囲は仙骨から第2頚椎にまで及び、部位によって以下のように3つに分けることができる。

 

 以下は「日本人体解剖学 (上巻) 」の解説文となる。

「半棘筋におおわれた多数の小筋で、仙骨背面から第2頚椎にわたる。個々の筋は横突筋と棘突起との間の溝内にあって、上方へ3〜4椎骨を超えて斜めに走る。
(起始・経過)仙骨後面、全腰椎乳頭突起および副突起、第7〜第4頚椎下関節突起から起こり、内側上方へむかう。
(停止)軸椎以下の全ての椎骨棘突起、その筋束は少なくとも3〜4椎骨をはさむ。
(作用)脊柱を後方に引き、一側が働けば反対側に回転する。
(神経支配)脊髄神経の後枝の内側枝(C3〜S3) 」

 「Wikipedia」では以下のように解説している。

「The multifidus (multifidus spinae : pl. multifidi ) muscle consists of a number of fleshy and tendinous fasciculi, which fill up the groove on either side of the spinous processes of the vertebrae, from the sacrum to the axis. While very thin, the multifidus muscle plays an important role in stabilizing the joints within the spine.

Located just superficially to the spine itself, the multifidus muscle spans three joint segments and works to stabilize these joints at each level.

The stiffness and stability makes each vertebra work more effectively, and reduces the degeneration of the joint structures caused by friction from normal physical activity.

These fasciculi arise:

Each fasciculus, passing obliquely upward and medially, is inserted into the whole length of the spinous process of one of the vertebræ above.

These fasciculi vary in length: the most superficial, the longest, pass from one vertebra to the third or fourth above; those next in order run from one vertebra to the second or third above; while the deepest connect two contiguous vertebrae.

The multifidus lies deep relative to the Spinal Erectors, Transverse Abdominus, Abdominal internal oblique muscle and Abdominal external oblique muscle.」

                             

【他の参考となるHP】

・解剖学的な写真やイラストを掲載しているサイト

@ 肩甲骨の高さくらいの筋肉群の写真

A 頭部から頚部にかけての縦断面の写真(19番)

 ※ページ上部左端の左向きの矢印で別の位置での断面写真でも確認が可能

B 横から見たときのイラスト          

C 背部から見たイラスト

D 横断面写真(上から3行目の「Multifidus」をクリックすると⇒で表示)※ページ下から2行目の「Next Anatomical Image」をクリックすると他の部位で確認することができる。

 

上の拡大イラスト