フィットネスの勧め 語句解説  

語句解説

 

糖質 (とうしつ、英: saccharide)

 

 三大栄養素の一つで、炭水化物とも。そのほとんどが体の主要なエネルギーとして使われ、速効性がある。また、少量がDNAなどの重要な分子の構造基盤を作る。

 

【糖質の構成要素】
酸素、水素、炭素から成り、元素的には脂質と同じ。

 

【糖質の分類】
ここでは以下のように分類する。

 

名  称

備   考

 単糖(類

 最も簡単な構造の糖類

 二糖(類)

 単糖が二つ結合したもの

 少糖

 単糖が数個結合したもの

 多糖(類)

 単糖が数十から数百個結合したもの

 プロテオグリカン

 多糖類タンパク質が結合したもの

 糖タンパク質

 少糖タンパク質が結合したもの

 

【糖質の消化】
食事に含まれる糖質は唾液の中に含まれる消化酵素(アミラーゼ)の働きに よって全て単糖まで分解
され、小腸から吸収される。

 

【主な食品の糖質の含有量】
甘い食品ほど糖質の含有量は多い。砂糖であれば、その99%は糖質、菓子類は製品によってかなりの
ばらつきはあると思われるが、一応の目安として、あめは97〜98%、ガムなども97%近い。ここでは普段
私たちが食事として口にする食品の糖質の含有量を表にしてみた。

 

 

食 品 名

約%

 

食 品 名

約%

1

コーンフレーク

84

6

さつまいも

39

2

そうめん(乾)

73

7

ごはん

37

3

インスタントラーメン

64

8

栗(日本栗)

37

4

もち

50

9

そば(ゆで)

26

5

食パン

47

10

うどん

22