フィットネスの勧め 語句解説

 

 

 

 

語句解説

 

翼口蓋窩 (よくこうがいか、 英:pterygopalatine fossa

 

 

 側頭下窩の内側にある錐体状(下部が狭い)の空間で、中頭蓋窩、眼窩、鼻腔の間を連絡する重要な部位となり、これらの構造に分布する神経や血管が多く通っている。

 

 

【もっと詳しく】

 翼口蓋窩を構成する骨は以下になる。

前方

・上顎骨体の後縁 ・口蓋骨、眼窩突起の一部

後方
・蝶形骨、翼状突起
内方
・口蓋骨、垂直板
外方
・三角形の間隙で、生体では下半分は骨膜によって閉ざされている。
上方
・蝶形骨体(※前上方は下眼窩裂に通じ、特別な壁はない)
下方

・上顎骨体 ・蝶形骨、翼状突起 ・口蓋骨、錐体突起(※大口蓋管の上口にあたる)

 

 翼口蓋窩は、前後左右上下と全ての方向において頭蓋骨内の他の空間と交通し、種々の神経や血管を通している。(※以下の表の「通過する神経・血管」は「プロメテウス解剖学アトラス 頭頸部/神経解剖」を参考にしたものであるが、資料により異なる。)

 

 

 

 

 

 

 

方 向
経 路
由来/行先
神経・血管
前上方
下眼窩裂
眼窩

・眼窩下神経
・頬骨神経
・上顎神経の眼窩枝
・眼窩下動脈(とその伴行静脈)

・下眼静脈
後方
正円孔
中頭蓋窩
・上顎神経
翼突管
外頭蓋底

・大錐体神経(顔面神経の副交感神経枝)
・深錐体神経(頸動脈神経叢からの交感神経線維)
・翼突管動脈とその伴行静脈

・翼突管神経
内方
蝶口蓋孔
鼻腔

・蝶口蓋動脈(とその伴行静脈)

・上顎神経の外側・内側上後鼻枝
外方
翼上顎裂
側頭下窩

※以下は正確性に欠ける可能性あり。

・上歯槽神経の後上歯槽枝

・後上歯槽動脈

下方
大口蓋管
口腔

・大口蓋神経
・下降口蓋神経

・大口蓋動脈

小口蓋管

(大口蓋管から分岐)

・小口蓋神経

・小口蓋動脈(下行口蓋動脈の終枝)

 

 

 

【イラスト/写真】

標本と思われる写真を掲載しているサイトT

標本と思われる写真を掲載しているサイトU

翼口蓋窩の模式図(前から見たもの)を掲載しているサイト

 

【参考にしたサイト】

・ウィキペディア

頭頸部の解剖学