プロフィール

         

ウエスト・シェイプ

 

 

 

 

 

 

 ウエストシェイプとは、その名の通り「ウエストをシェイプすること」つまり「腰回りを引き締める」ことを意味します。

 最近流行りのエクササイズで、「骨盤シェイプ」「骨盤エクササイズ」「骨盤矯正ダイエット」など、このところ「ウエスト」よりは「骨盤」がキーワードになっているようです。

 インターネットで検索すると、多くの関連書籍やエクササイズDVD、またはバンドなどのグッズを販売しているサイトを目にすることができます。

 フィットネス業界もその手のものには敏感で、スタジオエクササイズのあるフィットネスクラブであれば「ウエスト〜」「〜シェイプ」「骨盤〜」などの名称のレッスンが必ずと言ってよいほど用意されているのではないでしょうか。

 私もここ2,3年は、その手のクラスを週に1回から2回は受けています。エアロビクスダンスや格闘技系のクラスのように前後左右に大きく動き回るわけではないのですが、腹筋やお尻の筋肉を使って骨盤をしっかりと使っていけば(たまに腹斜筋がつるのでは、と思うときがあったりします)、45分のクラスでも汗びっしょりになります。

 腹筋台やマシンなどを使っても、はなるべくお腹周りは毎日やるように心掛けていますが、その手のクラスはまた違った刺激を与えることができます。それに音楽に合わせて体を動かすので、楽しくできるという面もあります。

 それから、ここ1年くらいは毎週とはいきませんが、隔週くらいでベリーダンスのクラスを受けています。前々からベリーダンス自体に興味があったわけではなく、「動きがウエストに効きそうだ!」と思っていたところ、私が会員になっているフィットネスクラブでも導入されると聞き、初めて受けてみて、とりあえず現在まで続いています。

 当然、男性の比率は少なく1割くらいだと思います。ベリーダンスだけでなく、「ウエスト〜」等のクラスはほとんどが女性というのが現実です。

 「じゃあ、男性はウエスト周りが気にならないのか?」などとも思ったりするのですが、そのようなことはあるわけがなく、腹筋台で自分のお腹周りの肉をつかんで「は〜っ」とため息をついている男性も多く見かけたりします。でも、スタジオレッスンとなると、どうしてもためらってしまうのでしょう。

 逆に女性は、腹筋台やマシンで「よし締めるぞ!」と気合を入れて行うよりは、音楽に合わせて楽しく行った方がやりやすいようです。

 それぞれにメリットがありますから、両方のメリットを享受するのが一番なのですが…。

 マシンや腹筋台、またはフロアで行う「腹筋」運動は他で解説するとして、とりあえずここではスタジオエクササイズでよく行われるような「これはウエストに効くぞ!」という動作を紹介していきたいと思います。

 ただし、まず最初に断っておかなければならないのですが、(これから動作を紹介しようという者がこのようなことを言うのは大変いい加減なのですが)、まあ、正直に言いますと、私は「この動作はこうします」と「解説する」ほどエキスパートでは決してなく、これまで私が経験してきた中での「こんな感じの」「これと似ている」「だいたいこういう風に」というレベルのものに過ぎません。(解説というよりは、やってみた自分の感想のようなものです)

 筋トレや格闘技系の動作であれば、「そんなに外れた解説ではないだろう」くらいの気持ちはありますが、このウエストシェイプに関しては、「その解説間違っています!」というご指摘を受けるのではないかとびくびくしているのです。

 ですから、この項を掲載するかどうか非常に迷ったのですが、「まあ、お金を取るわけではないし、1回見てどうしようもないと思ったら二度と見ないだろうし」と持ち前のいい加減さが出てしまい、掲載することに決めてしまいました。

 ただ、もし奇跡的にも「けっこうウエストに効きそう。やってみようかな?」などと言う人が現れるようであれば、ぜひスタジオのレッスンを受けたり、もっとまともに解説しているサイトを参考にしてください。

 今現在では、どのようなサイトが参考になるのかは分からないのですが、分かり次第、リンクをかけるお許しを得たいと思います。

 大変いい加減で申し訳ありません。

 


 私なりに骨盤シェイプ系(黄色)、ベリーダンス系(青)と一応2つに動作を分けてみましたが、どれだけ正確なのかは自信がありません。また、当然2つに共通する動作もあると思われます。

1
10
2
11
3
12
4
13
5
14
6
15
7
16
8
17
9
18